転職に必要な期間はどのくらい?転職活動の進め方と退職のタイミング

転職に必要な期間はどのくらい?転職活動の進め方と退職のタイミング

転職を初めてするなら転職に必要な期間はどのくらいなのかわからない方が過半数のはず。
一般的に転職活動を始めてから「内定」が出るのまでの期間は「約3ヶ月」と言われています。

しかし年齢が上がるにつれて転職期間も長期化すしている傾向があります。
おおよそ40代だと60%、50代は30%程度になっていまうす。

転職活動を進めていく上で必要な順序とスケジュールを一緒に考えていきましょう。

この記事では転職に必要な期間と進め方をご紹介している他に、退職のタイミングも書いています。

転職活動は期間と目標設定をしておかないと転職期間を長引かせてしまう恐れもあるので要注意。

オット

良い求人があれば応募しよう!というスタンスでも問題ありませんが、転職活動の期間を決めておかないと割とずるずる長引きます。

この記事はこんな人におすすめ!
・転職活動にかかる期間の目安を知りたい
・転職活動前の準備は何をして良いのかわからない
・書類選考や面接の結果に必要な期間を知りたい

自分は3ヶ月以内に転職をするなどゴールを設定することで意識も切り替わり、求人探しや応募も積極的に行えるようになります。

目次

転職に必要な期間と進め方

転職に必要な期間と進め方

転職活動を始めて内定を得るまでの期間は大体3ヶ月から半年と言われていますが、中には1年や2年かかってもまだ転職できない人も割と多くいるので人によってかかる期間は様々です。

転職活動理由の例
1. 今の環境がそこまで悪くないので転職はじっくりしたい
2. 今の会社が劣悪ですぐに変わりたい
3. 収入や世間体が気になって転職しにくい

同じ転職でも人によって全く違いますね。

転職活動を始める前の準備

転職活動を始める前に次のことは必須になります。
この準備期間だけでも2週間程度はかかります。

転職活動を始める前に行うこと
○ どのようにして転職活動を進めていくか決める
○ 履歴書、職務経歴書等の必要書類の作成
△ 人材紹介会社の登録や面談

最低上2つは必要になります。

希望職種に必要なスキルをすで持っていたり必要がなければその期間を自分のPRポイントをまとめや面接の対策、ポートフォリオを充実させるなど色々あてられます。

転職活動を進め方を決める

自分がどのような業種や職種、企業で働きたいか。挑戦したい仕事や活躍できるフィールドはどこかを考えて絞っておきます。

履歴書、職務経歴書の作成

履歴書と職務経歴書の作成は今までの経歴を振り返ることです。
どんなキャリアを持っていてどんな業種や職種に活かせるのか。

これは自己分析をして自分の売りになるポイントを見つけるキッカケにもなるので、しっかり作るようにしましょう。ここまでは大体2〜3週間程度になります。仕事が忙しい場合もあるので、ひと月くらい見ておきましょう。

応募する企業の情報収集と応募

自分にあった企業の求人を探して自分の応募したい企業をピックアップ。

応募後の流れ(2次面接まである例)

書類選考:1日〜1週間程度
1次面接結果:1週間程度
内定の合否:1週間程度

他に給料面等や入社時期などの交渉:数日

上記の流れは1社のみ応募した例になります。

1社のみでスムーズに行けば1ヶ月程度で転職成功ですが、数社への応募がスタンダードなので2〜3ヶ月程度になるパターンが多い印象です。

ピックアップした求人情報に志望動機や面接の対策をまとめてリスト化しておくと応募までがスムーズで転職活動の効率が良くなります。

退職する際の注意点
・会社には退職までに必要な期間を要するところもあるので社内規定は確認しておく。
・引き継ぎ期間を引き延ばされる可能性もあるので、退職日はしっかり伝える。
・引き継ぎできる人間がいない場合、協力会社(外注)の活用も考えておく。

一つの目安として、社内規定では退職申し出は予定日の1〜3ヶ月程度前が多いです。

内定をいただいた会社にも迷惑をかけないように社内規定はチェックしておきましょう。

資格取得やスクールなどスキルアップのための期間

中途採用で全くの未経験だと転職では不利になる場合があります。

仮に内定したとしても入社してからが大変になるので、ある程度は目指す職業に対しての知識やスキルが必要になります。

そういった必要なスキル習得の期間も必要に応じて設けておく必要があります。

独学やスクールに通う

資格取得や必要な知識を得るために独学やスクールへの通学などを利用してスキルを磨きます。

スクールは数万〜数十万かかるので、金銭面で難しいなら職業訓練校も視野に入れておきましょう。

応募する企業の情報収集と応募

応募する企業の情報収集と応募

自分にあった企業の求人を探して自分の応募したい企業をピックアップ。

希望職種や転職条件に近い企業へ応募。仕事内容や給料面などの待遇面で合致した企業へ内定を得るまでが一連の流れです。

応募後の流れ(2次面接まである例)
書類選考:1日〜1週間程度
1次面接結果:1週間程度
内定の合否:1週間程度
他に給料面等や入社時期などの交渉:数日

上記の流れは1社のみ応募した例になります。
1社のみでスムーズに行けば1ヶ月程度で転職成功ですが、数社への応募がスタンダードなので2〜3ヶ月程度になるパターンが多い印象です。

ピックアップした求人情報に志望動機や面接の対策をまとめてリスト化しておくと応募までがスムーズで転職活動の効率が良くなります。

人材紹介会社を利用する

人材紹介会社の登録と面談なども手段として使えるので、自分で設定した転職活動期間に余裕があればおすすめです。

人材紹介会社しか持っていない求人情報や、応募したい企業が取り扱う求人にあれば詳しく聞けたりするので情報収集としても適しているのですが担当によっては面談の後に連絡がなかったり求人が見つからなかったということもありますので転職活動が伸びてしまうリスクもあるので頼りすぎにご注意。

退職するタイミングと退職までの期間交渉

内定を勝ち取った後に待ち構えているのが退職のタイミングです。

業務の引き継ぎや退職の手続きなどの期間が必要になる他、内定先の会社にも入社時期を伝えなければ行けないため大変重要になります。

退職する際の注意点
・会社には退職までに必要な期間を要するところもあるので社内規定は確認しておく。
・引き継ぎ期間を引き延ばされる可能性もあるので、退職日はしっかり伝える。
・引き継ぎできる人間がいない場合、協力会社(外注)の活用も考えておく。

一つの目安として、社内規定では退職申し出は予定日の1〜3ヶ月程度前が多いです。

内定をいただいた会社にも迷惑をかけないように社内規定はチェックしておきましょう。

まとめ

転職活動の準備から内定、そして入社まで。

かかる期間を合わせてみると

転職の準備:2週間〜1ヶ月
応募や面接:1ヶ月〜3ヶ月
待遇の交渉や現職の引き継ぎ:1ヶ月〜3ヶ月

最短で約3ヶ月、長引いても半年あたりを目安にしておくとゴール設定がしやすいです。
もし半年を超えたからといっても焦る必要はありません。
ぼくは1年半かかりましたから(笑)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次