書類選考の通過率はプロフィールが全て!職務経歴は自己PRまで詳しく書いておく

書類選考の通過率はプロフィールが全て!職務経歴は自己PRまで詳しく書いておく

履歴書や職務経歴書を作る時って結構面倒ですよね。

自分の得意分野や経験したことの他にも伝えたいことはたくさんあると思います。

よし!書こうと思い立ったは良いけど、いざ書類を作ろうとすると途端に手が止まったりしませんか?
履歴書ならまだしも、職務経歴書となると自分の経歴を詳細まで書かないといけませんし加えて自己PRも考えなくてはなりません。

しかし、この時点から転職活動の勝負は始まっているんです。
その勝負の分かれ目が職務経歴書の内容です。

面接では人柄をアピールしますが、書類審査を通過しないことにはその優れた人間性も伝えられずに終わってしまうんです。

まずは登録している転職サイトを見てみてください。

転職サイトの登録時に作成した「プロフィール」がありますよね?
このプロフィールは履歴書と職務経歴書を兼ねています。

書類選考は転職サイトに登録したプロフィールを拝見して、面接をする人を選ぶわけですがプロフィールが適当になってしまうと選考から漏れてしまう可能性高くなってしまいます。

プロフィールは面接に行けるかの分かれ目になる大切なものなので、しっかり作成しておく必要があります。

この記事はこんな人におすすめ
・書類審査がなかなか通らない
・職務経歴の書き方がわからない
・自己PRってどう作るの?

前職や現職が異業種だったらなおさら書いておくべきです。
この記事はどんな流れで職務経歴を作っていくのかを主に書いていますので、よかったらみていってください。

目次

書類選考を通過する職務経歴はどう書けばいい?

書類選考を通過する職務経歴はどう書けばいい?

職務経歴は詳細まで書くの一般的すが、わかりやすくまとめることで書類選考の通過率は大きく変わります。

転職サイトのプロフィールを見ても入力する項目はわかりますが、職務経歴を記載する項目をまとめました。

職務経歴書に記載する項目

職務経歴書に記載する内容はほぼ決まっています。

職務経歴書に記載する項目
・勤務した会社名
・在籍期間
・雇用形態
・業種
・従業員数
・勤務地
・年収
・最終役職
・主な職務内容
・自己PR

項目だけ見ると割と多めですが、すぐ書けるものばかりです。

2点だけ、非常に重要な項目があります。

最後2つの主な職務内容自己PR

ここをちゃんと書くか書かないかで、書類選考の通過率がものすごく変わります!
この2点に絞って見てみましょう。

まだ転職サイトに登録してない場合は、まず自分の職務経歴を書いてみることをお勧めします。
自由テキスト“>・リクナビNEXTへ
はたらいく“>・はたらいくへ

職務経歴を書く上での要点

いままで会社で経験してきたことの集大成を書く場所になります。
会社の業種や所属部署、職務内容などを書いていくのですが、割と書くことは決まっています。

経験に関しては毎日同じことの繰り返しだったから書くことなんてないなーとか思う方もいるかもしれません。
でも大丈夫です。いままでやって来たことを書き留めていくと、自身で経験してきたことが浮き彫りになります。

入社してからの時系列で書いていきましょう。

あとはまとめるだけでOK。

職務経歴を書く上での要点

・入社した年月と所属した部署。
・主な業務内容。
・役職に就いたならその年月と役職名。
・その他、従事していた業務以外でPRできるものがあれば書く。

といった具合です。
仮に職務経歴書を書いてみると書きのような形になります。

途中で自分が頑張っていた業務や、自信を持ってできた仕事を盛り込んでいくと物語性ができて職務経歴書に魅力が備わります。

自己PRに力を入れることで職務経歴書の魅力はグッとアップする

自己PRに力を入れることで職務経歴書の魅力はグッとアップする

自己PRは仕事の経験以外でもPRできるものなら書いておきましょう。

希望の職種があれば、実現のために資格の勉強中とかスクールに通っているなどでも意気込みは伝わるしマイナスにはなりません。
むしろその仕事をしたいという熱意がわかります。

自己PRの書き方例
2020年3月 ○○○○スクールに卒業。
Illustrator・Photoshop・Dreamweaverの基本操作を習得。

スクールにて制作した作品のURL
○○○○○○.com(車の販売会社)
○○○○○○.com(呉服店)
○○○○○○.com(結婚式場)

その他、コンペディションにも積極的に応募
応募したコンペディション
・○○○デザインアワード
・○○○メトロPRポスター
・○○○広告賞

Webデザイナーなんかの人気職種を目指すならならコンペディションに応募する事も大いにPRになります。

受賞や一次審査通過で雑誌に名前が載るので自己PRにはもってこいです。

まとめ

職務経歴書は定期的に見直して、転職サイトの職務内容や自己PRを更新することをおすすめします。

転職が成功した後でも半年に1回くらいは自分の振り返りとして見直すのもいいかもしれません。

知り合いに職務経歴書を見直しをお願いされましたが、主な職務内容と自己PRを見直し、順を追って書いていくことによって書類選考の通過率は上がりました。

営業というポジションからディレクション業務を学ぶことができたとか、広告賞にも積極的に応募して、受賞はできなかったけど協賛企業の1社に作品を気に入ってもらって実績に繋がったりとかです。

10件送って1通過すれば良いと言っていたのが、7、8件に上がっていたのでぼく自身もすごくビックリしました。

個人的にはあまりに効果がありすぎても逆に怖い(゚Д゚)

いままで職務経歴書を見直していなかったとしたら、そこに突破口があるかもしれません。
ぜひ見直しをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次