有給使わずに面接に行こう!平日の夜や土曜日を使ってうまく面接予定を組む

面接に行きたいのに平日に休めない!有給を使わなくても面接に行く方法

書類審査が通過し、面接の案内が来た時に思うのが。。。「会社いつ休もう!」
面接の日にちだけではなく、面接対策などやることは多々あります。

面接に行くうえで最大のネックは会社を休むこと。。。

有給取りづらいなー

なんて嘆いてしまう方も非常に多いんじゃないですかね。
面接日程の希望もいつにすればいいのか悩んでいるうちに、仕事の忙しさでうっかり返信を忘れかねません。

オット

仕方がないとはいえ、働く人の休む権利が使えないのおかしいと思う。

ブラック会社はおろか多忙な会社は有給が取りにくいし、上長の機嫌を見て有給の申請を出さなければいけないんですよね〜(非常にめんどくさい)

ましてや転職活動で面接が決まるたびに有給申請を出すなんてできませんよね。

頻繁に休むと怪しまれますし。

この記事はこんな人におすすめ

  • 仕事が忙しく面接に行けない
  • 有給が取れる雰囲気ではない
  • 結果的に面接の機会を逃してしまう

ここでは、有給が使いにくい会社でも面接に行く方法を解説しています。

こちらは面接の関連記事になります。ご参考にどうぞ。

目次

忙しくて平日は会社を休めない

忙しくて平日は会社を休めない

面接はほとんど平日に行われます。
しかし、仕事も平日です。すごく難しいですよね。

有給が取れない・取りにくい人がほとんど

有給は当然の権利ですが、忙しくてなかなか有給が取れなかったり、職場の空気感が良くなくて有給を取得できる雰囲気ではないという場合も多くあります。

「平日に面接に来いって言う方が無理」
「忙し過ぎて平日は休むことができない」

有給を使えるかは忙しさもありますが、職場の雰囲気が大きいようですね。

平日で休めなくても面接に行く方法

平日で休めなくても面接に行く方法

面接に行くのに必ず有給を取る必要はありません。

面接日を平日にするなら時間の調整やオンライン面接、半休を取るなどいろんな方法があります。

仕事終わりの時間帯に面接の時間を調整してもらう

どうしても会社を休めないなら

自分が取っていた方法ですが、面接の時間を調整するという方法があります。
面接時間を仕事終わりの時間に設定していただいてました。

経験談ですが、19時くらいでしたら時間を調整してくれる会社さんは多くありましたよ。

頑張って定時で終わり、面接に間に合うようにしましょう。

何度も調整するのはNG!

日程を希望することはいいのですが、一度出した面接の希望日を何度も変更するのはNGです。

一度再調整してもらったら、必ず日時厳守で向かいましょう。

オンライン面接を活用する

会社によってはオンラインで面接をしているところもあります。カラオケやフリースペースなど個室が確保できれば面接が可能です。

地方だとオンライン面接はまだ少ないですが、リモートを推奨している会社の場合は多く採用されています。

土曜日に面接が可能な会社もある

土曜日に面接が可能な会社もある

土曜日に面接が可能な会社もある

土曜出勤の会社なら土曜日に面接も可能です。

希望すれば合わせてくれる会社が多くあります。何よりお休みなので、前日に準備が十分できます。

希望している会社が土曜出勤するところなら、ダメもとでいいので交渉してみましょう。

ただし、土曜日を面接希望日入れた場合、「志望動機が低い」と思われる可能性出てきます。
メッセージのやり取りなどで、相手の反応を見て良さそうなら交渉してみましょう。

有給ではなく半休を使う

1日有給が取れないのであれば、半球という手段もあります。

半日なら比較的取得がしやすいのではないでしょうか。職場が忙しいなら、午前中がおすすめ。
なんやかんやで、仕事を頼まれる可能性があります。

有給をできるだけ温存しながら使うことで数多くの面接にも受けられます。

会社によって間単位で有給が取得できるところもあります。

遅刻・早退をうまく使う

あまり印象は良くありませんが、面接には遅刻または早退を使っても問題ありません。
早退や遅刻も手段の一つとして入れておくと今後のスケジュールも組みやすいです。

正攻法ではありません。ですが、達成する目標に対して有りか無しかで考えると個人的には大いに有りです。

ただし、使い過ぎにはご注意ください。

1日の有給で複数の面接を受ける

1日で1社だけだと勿体無いので、どうせ1日有給を取るなら複数の企業の面接を受ける方法もあります。

ただし、複数となるといつもより多くの精神と体力を削りますのでおすすめはしません。

できるだけこの方法は最終手段としてとっておいた方がいいと思います。

まとめ

会社が有給を取りづらくしている状況なら、定時に退社して面接に行くことや、半休や早退または遅刻で面接のスケジュールを調整できます。

仕事の調整を何日も前からしておいて、当日はさっさと仕事を終わらせてすぐに面接へ直行しましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次